MD-フラクション 通販/舞茸エキス サプリメント 販売 東京/ガン抑制 免疫賦活 MX-フラクション/まいたけサプリメント/βグルカン 健康食品/雪国まいたけ 錠剤サプリ/MDプロポリス

トップページ | ガンと免疫と舞茸 | サプリメントとしての「舞茸」の使われ方

ガンと免疫と舞茸

サプリメントとしての「舞茸」の使われ方

サプリメントとしての「舞茸」の使われ方は、その目的・形状ともに様々です。食品としての「舞茸」に含まれる豊富な栄養素を効率よく摂取できるだけでなく生舞茸を食すだけでは得られない希少な有効成分を摂取することができます。形状は舞茸エキス、錠剤、ソフトカプセルなどがあり、毎日手軽に栄養補給することが可能です。

また、その栄養素と相性の良い、植物性の食材や、ローヤルゼリーやプロポリスといったものを混ぜ合わせることもあり、市場にある「舞茸」のサプリメントは多種多様です。

舞茸を使ったサプリメントは様々な形状があることイメージした画像です。

ここでは、サプリメントとして舞茸がどのような形に加工されて健康食品となっているかを解説します。

高品質な「雪国まいたけ」の舞茸から作るサプリメント

「舞茸」はかつて、天然状態で生育する量が少なく、時の将軍に献上する品として珍重されていました。 現在は、叶瘢曹ワいたけ(新潟)が人工栽培に成功したことから、日常の食材となりました。また、人工栽培により研究が進んだことで、舞茸の豊富な栄養素が明らかになり食材としてだけではなく、サプリメントにも応用されるようになりました。

サプリメントとして応用されている舞茸の成分の中に、免疫を活性化させる可能性を持つMD-フラクション(βグルカン)があります。

これは、「雪国まいたけ」が舞茸の人工栽培に成功したことをきっかけに、神戸薬科大学の難波名誉教授により発見されました。MD-フラクションは限られた生舞茸(菌株)にのみ 極微量に含まれる希少な有効成分です。

舞茸から抽出されるMD-フラクション(βグルカン)を使ったサプリメントのイメージ画像です。

難波名誉教授によれば、いつでも同じ状態のサンプルが入手できなければ、安定したデータは得られず、また得られたデータの信頼性は無いといいます。

天然物では、菌種・キノコ形成日・キノコ生育栄養状態など、全く不明であるが故に、研究にはいっさい用いられないというのが常識のようです。舞茸の人工栽培に成功した「雪国まいたけ」では、仕込みから発生まで入念なチェックを繰り返し、整備された環境と厳しい管理のもと、成分の安定した高品質の舞茸を生産しています。

サプリメントを選ぶ際、その目的ばかりに目が行きがちですが「どのような原料が使われているのか」ということも重要なポイントになりそうです。

舞茸サプリメントの飲みやすさ

一般に市販されている舞茸サプリメントには、飲み易く加工されたソフトカプセルや錠剤・液体などがあります。

錠剤は、乾燥舞茸を加工している場合が多く、舞茸の風味や香りが強いものもありますが、普段からキノコ類を食す方にはむしろ美味しいと感じる場合も多いようです。また吸収性の高い舞茸エキスなどは、黒蜜のような見た目・風味で飲みやすく、人気があるようです。カプセルや錠剤を飲み込むことが苦手な方にも良いでしょう。

舞茸を使ったサプリメントは飲み易くなっていることをイメージした画像です。

さまざまな舞茸サプリメント

身体を活性化し、自己免疫力を高めるとして、様々な効果が期待される舞茸。
舞茸サプリメントを漢方薬と併用している医療機関は日本国内、海外問わずあるようです。また、舞茸に他のキノコ類、海藻、ミツバチ由来のハチミツ、ロ−ヤルゼリーなどを配合したものも多く、それらは各々の持つ可能性を期待できるでしょう。ミツバチ由来の物質では他に、プロポリスを配合したものもあります。

多くが植物由来である為、副作用などの心配も少ないのが特徴のようですが、サプリメントとはいえ、その作用により身体に影響を及ぼすこともありますので、目的に応じて慎重に選ぶことが必要です。 使う場合は、その点に留意し、急激な効果を過大に期待するのではなく、健康維持を目的として使用するのが好ましいと言えるでしょう。

皆さんも、きのこ(舞茸)を健康な生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ページのトップに戻る